写真撮影の日時を特定 Exif

Exif情報を参照する事で、撮影日が判る可能性があります。

デジタルカメラで撮影を行うと、主画像のデータとあわせて撮影時の様々な付属情報が画像ファイルとして保存されます。
Exifとはこの画像ファイルを記録するための形式(ファイルフォーマット)を規定したものです。
世界のほとんどのデジタルカメラはこのフォーマットを使用しています。

Exifの第一の特長は、画像ファイルの中に撮影時のカメラ情報を記述できる点です。たとえば、撮影された日時や機種名、シャッタースピード、絞り値の設定といった撮影に関する情報と、主画像のデータを正しく読み取るための圧縮モード、色空間、画素数などの情報を記述することができます。
これらの多彩なカメラ情報は、プリントの前に画像を選択したり、データベースへ登録するユーザにとって大変有効です。またExifに対応したアプリケーションを使えば、Exifのヘッダ情報を呼び出して、データ管理などに活用することもできます。
そしてこれらのカメラ情報は、将来性や応用性を考慮して拡張可能になっており、今後のデジタルカメラの進化に応じて、新しい情報を追加していくことが可能です。

第二の特長は、ひとつの画像ファイルの中に主画像のデータに加えてサムネイルが入っている点です。サムネイルは主画像のデータの小さなもので、アプリケーションなどで画像ファイル一覧を素早く表示させるためなどに用いられます。このサムネイルのサイズはDCF規格によって、160×120画素と決められています。

フリーソフトを用いてEXIFを書き換えることは出来ますが、書き換えたことは判ってしまうようです。

【Exif情報を見るには】
Exif情報を見るにはフリーソフトのExif Quick Viewerがオススメ
Exif Quick Viewerはデジタルカメラで撮影した Jpeg画像に記録されたExif情報を表示するツールです。
Exif 情報に記録された 日付、カメラのモデル、メーカー、F値、シャッタースピード、使用レンズ(Canon, Nikon, PENTAX一眼レフのみ)などを簡単に表示することができます。
・エクスプローラーのコンテキストメニューから簡単起動。エクスプローラーのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から簡単に起動することができます。
・インターネットエクスプローラーのコンテキストメニューから簡単起動
 Internet Explorerの画像上で右クリックをすると、コンテキストメニューからExif Quick Viewerを起動することができます。
・GPSタグにも対応
 緯度、経度、高度の表示に対応。緯度および経度から Google Maps で位置を地図上で表示することも可能です。
・Canon、NikonおよびPENTAX独自情報にも対応
 表示されるExif情報には Canon、NikonおよびPENTAXのメーカーノート(メーカー固有のExif情報)も含まれます。
 Canon EOS Digitalシリーズ および Nikonのデジタル一眼レフで撮影された画像では、撮影時に使用したレンズ種類(例: 17mm-40mm) などを表示することができます。
 Canonの新しい機種(EOS 5Dなど)でレンズ名が記録されている機種の場合には、その情報を表示いたします。
 また Canon、Nikon、PENTAXのデジタル一眼レフで撮影された画像にレンズIDが記録されている画像の場合には、IDから推測したレンズ名を表示します。

Exif Quick Viewer

コメントは受け付けていません。