個人向け国債 キャッシュバック SMBC日興証券

募集期間 2012年6月7日(木)~6月29日(金)
第25回 固定3年  0.07%
第27回 固定5年  0.19%
第39回 変動10年 0.57%

「東日本大震災からの復興財源」として活用します。
個人向け復興国債・個人向け復興応援国債のご購入によりお預かりした資金は、東日本大震災からの復興を図るために実施する施策に使われます。
個人向け復興国債・個人向け復興応援国債をご購入いただいた方全員に、復興にご協力いただいたことに対する感謝の意をお示しするため、財務大臣名の「感謝状」をお渡しいたします。

個人向け国債に関するご留意事項
・個人向け復興国債・個人向け復興応援国債をご購入いただく場合は、購入対価のみお支払いただきます。
・本債券の利子は1月・7月の各15日に一律6ヶ月分をお受取いただけます。しかし、今回は2012年7月17日が発行日となり、発行日から初回利払日までの利子計算期間が6ヶ月に満たないため「初回の利子の調整額」として2日分をご購入時にお支払いただきます。
・中途換金は発行から1年経過後から可能です。
 ただし、その場合は、直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685をお支払いただきます。※税引後の利率は、復興特別所得税を付加した20.315%の税金が差し引かれた利率であり、小数点以下第3位未満を切り捨てています。

変動10年は旧タイプでは基準金利0.86%-0.8%なので金利0.06%とMMFより低い利率。ここは新タイプ(基準金利x0.66)に買い換えたほうが賢明か
基準金利2.4%以下では新タイプの個人向け国債の方が金利が高い。基準金利が2.4%を超えたら解約して他の高金利商品に買い換えれば良いか

夏の個人向け国債キャンペーン
SMBC日興証券のキャンペーンが最も良さそう。2011年秋にも同じキャンペーンをやっていた。

ポケットカードイエロー 申し込み【株主限定】 2012/6/24

P-oneカードブルーを利用していました。
P-oneカードブルーは月額15万円までは請求時に1%オフになり、ポイントが0.3%ついたので1.3%の還元率だったのです。
しかし、2011年3月から改悪され一括払いではポイントがつかなくなりました。

しかし、いろいろ調べてみると一括払いでもポイントがつくポケットカードイエローなるものがあるとのこと。もちろん1%オフもあり
ポケットカードイエローは株主だけが申し込みできるカードとのこと。

今でもポケットカードイエローに申し込めるのか不明でしたが、とりあえず2012年2月末日に株主になりました。
その後、5月に送られてきた「株主優待制度申込書」にポケットカードの申込書を請求できるようになっていました。
株主優待制度ではポイントも貰えるのでポイント付与カードは既存のP-oneカードブルーの番号を記入し、ポケットカード申込書を請求にチェックを入れて返送しました。

注意点としては、国際ブランドはマスターだけです。

6月、カードの発行手続きが完了のメールが届き1週間後に無事カードを手に入れることができました。

写真撮影の日時を特定 Exif

Exif情報を参照する事で、撮影日が判る可能性があります。

デジタルカメラで撮影を行うと、主画像のデータとあわせて撮影時の様々な付属情報が画像ファイルとして保存されます。
Exifとはこの画像ファイルを記録するための形式(ファイルフォーマット)を規定したものです。
世界のほとんどのデジタルカメラはこのフォーマットを使用しています。

Exifの第一の特長は、画像ファイルの中に撮影時のカメラ情報を記述できる点です。たとえば、撮影された日時や機種名、シャッタースピード、絞り値の設定といった撮影に関する情報と、主画像のデータを正しく読み取るための圧縮モード、色空間、画素数などの情報を記述することができます。
これらの多彩なカメラ情報は、プリントの前に画像を選択したり、データベースへ登録するユーザにとって大変有効です。またExifに対応したアプリケーションを使えば、Exifのヘッダ情報を呼び出して、データ管理などに活用することもできます。
そしてこれらのカメラ情報は、将来性や応用性を考慮して拡張可能になっており、今後のデジタルカメラの進化に応じて、新しい情報を追加していくことが可能です。

第二の特長は、ひとつの画像ファイルの中に主画像のデータに加えてサムネイルが入っている点です。サムネイルは主画像のデータの小さなもので、アプリケーションなどで画像ファイル一覧を素早く表示させるためなどに用いられます。このサムネイルのサイズはDCF規格によって、160×120画素と決められています。

フリーソフトを用いてEXIFを書き換えることは出来ますが、書き換えたことは判ってしまうようです。

【Exif情報を見るには】
Exif情報を見るにはフリーソフトのExif Quick Viewerがオススメ
Exif Quick Viewerはデジタルカメラで撮影した Jpeg画像に記録されたExif情報を表示するツールです。
Exif 情報に記録された 日付、カメラのモデル、メーカー、F値、シャッタースピード、使用レンズ(Canon, Nikon, PENTAX一眼レフのみ)などを簡単に表示することができます。
・エクスプローラーのコンテキストメニューから簡単起動。エクスプローラーのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から簡単に起動することができます。
・インターネットエクスプローラーのコンテキストメニューから簡単起動
 Internet Explorerの画像上で右クリックをすると、コンテキストメニューからExif Quick Viewerを起動することができます。
・GPSタグにも対応
 緯度、経度、高度の表示に対応。緯度および経度から Google Maps で位置を地図上で表示することも可能です。
・Canon、NikonおよびPENTAX独自情報にも対応
 表示されるExif情報には Canon、NikonおよびPENTAXのメーカーノート(メーカー固有のExif情報)も含まれます。
 Canon EOS Digitalシリーズ および Nikonのデジタル一眼レフで撮影された画像では、撮影時に使用したレンズ種類(例: 17mm-40mm) などを表示することができます。
 Canonの新しい機種(EOS 5Dなど)でレンズ名が記録されている機種の場合には、その情報を表示いたします。
 また Canon、Nikon、PENTAXのデジタル一眼レフで撮影された画像にレンズIDが記録されている画像の場合には、IDから推測したレンズ名を表示します。

Exif Quick Viewer